ここは貸してくれた どこも貸してくれなかったのに

何処からもお金が借りれない人へ

キャッシングとは使い方を間違えると多大な借金を抱える他、返済苦に陥ってしまう事だと思います。お金の借りすぎや、複数の会社からお金を借りている人に対しては、消費者金融側も快くお金を貸してくれない事でしょう。

 

何処からもお金が借りれないと思っている方へ…。信用情報に事故情報がある方でも、お金が借りれる所もあるという事は知っていたりしますか?必ず借りれないと思っている人は、まだ借りれる所があるのに気付いていないのではないでしょうか。

 

ブラックになってしまった方や多重債務で苦しんでいる方でも、闇金以外で借りれる所は決して無いわけではありません。ただ、大手消費者金融に比べると大変見つけにくいというのが現状でしょう。それでも確かにお金を貸してくれる所は存在しています。

 

もし、お金を確実に借りたいと思いでしたら中小規模の貸金業者を当たってみて下さい。あまり聞き慣れない会社名で不安を覚える事かもしれませんが、案外力になってくれる事かもしれません。

 

但し、このような中小消費者金融に関しては支払いが遅れたりすると、大手より対応が荒いとも言われていたりしますので、責任を持って返済はしていきましょう。ただでさえ普通にお金が借りれない人へ貸してくるわけですから、感謝の気持ちを忘れずに返済延滞などにしないようにしたいものです。

 

総量規制でお金が借りれない時の打開策

一般金融では、絶対と言って定められている総量規制。こればかりは消費者金融のお約束と言って良い位、どこも同じ対応です。どんなにお金の借りやすい街金でさえも、総量規制に対しては厳しかったりするんです。

 

つまり、多重債務の人の借入はかなり厳しく、総量規制による規定以上の金額の借入は不可能という事となります。こうなってくると自分の借金を減らすか、お金を借りるのを諦めるかのどっちかとなりますよね。

 

しかし、打開策が無いというわけではありません。総量規制が厳しい消費者金融でお金を借りようとするから頭を抱えるというものでしょう。これが銀行によるキャッシング・カードローンだった場合、消費者金融とは違って総量規制は定められていないので、安心して申し込めるという事になります。

 

したがって、金融に泣くなら銀行で笑えというわけです。これで総量規制対象外でお金が借りられるようになりましたね。ですが、問題は後一つあります。それは多重債務の解決方法となります。

 

普通でしたら多重債務であれば、銀行であっても勿論審査は大変厳しい状況となるのですが、これに関しては事前におまとめローンで借金一本化をやっておく事で、解決が可能です。総量規制も多重債務も、クリア出来れば後はいよいよお金が借りれる可能性アップで審査に挑めるというものです。

 

おまとめローンはこちら>>

債務整理をしたらもうお金が借りられない?

キャッシングとカードローン、最初はうまく使おうと思っていたのにどんどん思いも寄らぬ方向へと行ってしまった。大事に使っていると思いきや、つい買い物や急な出費でキャッシングを知らず知らず利用していて、冷静になった時には既に多重債務と化していた…。

 

このような事態を早急に対応して、債務整理で乗り越えたは良いものの、肝心のキャッシングが出来なくなってしまい生活が路頭に迷ってしまうレベルになってしまった。こうなってしまった以上、大手消費者金融からお金を借りる事は絶対不可能。事故情報は自己破産であれば七年以上は消えないし、申し込みも金融もブラック状態となってしまった…。

 

これはある意味、楽して借金をチャラにした事による払うべき代償を支払ったとも考えられます。いわゆる罪を犯した罰です。ここまで深刻化してしまうと、キャッシングを通常の大手消費者金融から借りれる事は、遠い夢となっている事だと思います。債務整理をしたら、もう何処からもお金が借りれないんです…と言いたい所なんですが、これらは大手消費者金融にだけ言える事です。

 

実は大手とは全く異なる独自の審査で、お金を貸してくれる業者がいたりするんです。街金とか中小消費者金融と呼ばれていたりします。だから実は、債務整理後だからと言って諦めるのは勿体無いでしょう。実際、債務整理した人でも対応している店が街金なら数多く健在していたりするんですよね。

 

債務整理したからと言って、何処からもお金が借りれないと思っていたらそれは不正解です。是非その目で街金の存在を確かめてみて下さい。きっと道が開けると思います。

 

中小消費者金融はこちら>>

多重債務でお金が借りれない人へ真っ先にオススメする一本化

多重債務になるというのは一社に留まらず二社、三社とお金を複数のキャッシング会社から借りて、結局返済が苦しくなっていたり新規で借入が出来なくなっている状態の人と言えます。普通に的を絞って一社だけをご利用されていれば、まず多重債務となる確率は低いでしょう。

 

しかし、人間は無意識に欲張るようになっているもので、限度というものを時に忘れてしまうわけなんですが、これによってお金をあちこちから借りてしまうという事態に陥ってしまうわけなんですね。お金を借りすぎると新規で借入は不可能になります他、毎月の返済日も借りた会社の数だけ支払い日がやってくるようになります。

 

明日はA社に支払って中旬にB社、月末にC社という風にお金を借りた件数だけ支払い日が増えて、返済能力が無い人にとっては正に生き地獄というわけなんです。これが嫌で放置したり自己破産なんて言うのは持っての他、ちゃんと借りた分は返すのが筋ってものです。

 

この場合は、債務整理を選ぶよりもおまとめローンで一本化が一番良い方法だと言えますね。多重債務による複数の借入も一本化でスッキリします。これが出来れば多重債務とはおさらばだし、支払い回数も何件分あろうとおまとめで一件だけとなります。返済の苦労も軽減するので、嘘みたいに翌月からの返済が楽になるというものですよ。

 

多重債務でお金が借りれない人は、借金のおまとめ一本化で多重債務を脱出して下さい。

 

複数社からの借金を一本化はこちら>>おまとめローン

借金滞納によってお金が借りれなくなった

消費者金融系からお金を借りた人は、一度でも返済が滞納する事によってその信頼性は失われるというものです。こうなってしまうと金融ブラックへの秒読みが始まる事だと思います。

 

この時点で弁護士へ早急に相談しているのであれば、これを防ぐ事が可能なのですが、もし何も対応していなかった場合、第一に電話が繰り返しかかってくる事だと思います。そして次は督促状、それでもだめなら残債の一括返済を強制的に請求される事でしょう。

 

それでも音沙汰無しの場合、いよいよ債権者側であります業者が簡易裁判所へ申し立てという形となります。一度の借金延滞だったとしても、それを怠れば後々厄介な事となりますので、甘く考えないようにしておいてもらいたいです。

 

もしどうしても返済不能となっているのであれば、事故情報になって重いブラックになってしまう前に、弁護士への債務整理申し込みをオススメ致します。残念ながら、債務整理をした後でもブラックとなってしまうのですが、結果最悪の事態を避ける事は出来るはずですので、状況に応じてしっかりと対応すべきだと思いますね。

 

返済の報告なしによる延滞に関しては、本当に許されがたい事だと思います。決して真っ白な状態ではこの件はクリア出来ないという事を、深刻に捉えておくべきだと言えるでしょう。

 

無料相談メールでまずは相談して下さい>>債務整理

絶対お金が借りれない人又は断られるかもしれない人のまとめ

消費者金融でも銀行であっても、個人個人が外見や人格を見てお金を貸すわけではありません。勿論、信用性は一番重要視される事でしょう。

 

しかし、それは全て信用情報機関に反映されているデータを基に調べられていたりします。金融の審査も銀行の審査もこれは共通ですので、どんなに審査が甘いと言われている会社を選んでも、最低基準を満たない人への融資は不可能となっているのが現在の金融業界、メガバンクの現状と言って良いでしょう。

 

では、絶対お金が借りれない人とはどんな人なのか?まず未成年が無理なのは絶対ですし、無職の人間では原則として無理です。身分証明が無かったり、借金滞納されている方なんかも論外となります。破産手続きをされている方であったり、住所が特定出来ない人なんかも申し込みブラック対象だと言えますね。総量規制にひっかかる方や、多重債務の人も審査落ち100%と言っても良いです。

 

こんな状況にも関わらず、もしどうしてもお金が借りたいのでしたら、大手以外のブラックでもOKと謳っている所に申し込む他方法は無いかと思われます。今の時代、闇金でもお金が無い人にはお金を貸さなくなっている所が増えているので、日本中走り回っても何処でもキャッシングが出来ないって事も十分あり得るでしょう。

 

絶対お金が借りれない人は、又すぐ借りれるように今借りれない原因の問題を解消する事が最優先すべき事だと言えます。

 

無料相談メールでまずは相談して下さい>>債務整理

どこも貸してくれないってどうするの?

お金の存在。あなたにとってはどういった存在になっていますか?それなりに身近にある存在だし、でもって、ないと困る存在となっている事でしょう。何に対しても、お金の存在は明らかになっているでしょう。

 

収入と支出のバランス。これって大事ですよね?楽してお金を稼げるってのも考え物。一般的にはそれなりに働いてこそ、れなりにお金が入ってくる事だし、無駄使いは決してしてはならないと思います。

 

たまの贅沢。ちょっとしたご褒美なんかで奮発することだってあるのかもしれません。とは言え、使ってもいい金額ってあるでしょう。それの壁は超えないようにしないとね。

 

それなりの金額を必要とした場合、あなたはどうしますか??最近お金を借りる人って多いのかしら??消費者金融で身近に借りている人って珍しくないんじゃない?

 

ただし、消費者金融に借りるのだって、それなりに審査って物があるじゃない?信用性って事で、返済能力が必要とされます。返せる当てがある人でないと貸してはくれないという事でね。お金と関わるという事は、決まりを守って正確にきちんとしなければいけないという事で。

 

どこも貸してくれないってなるのならばどうしますか?自分にいろんな意味で問題があるのかもしれません。すべてにおいて、欠陥がないように日々取り組まないとね。