借りられない 融資

借りられない 融資


  1. 返済状態を確認してみよう
  2. 大手がダメなら中小へ ゆるい審査で通るかどうか?
  3. ブラックOKってどういうこと?
  4. 闇金には絶対に近寄らないこと
  5. お金が借りられないこの現実から逃げないで

返済状態を確認してみよう

いつも利用している消費者金融などで突然借りられない事態に陥ることはありませんか?
原因としてはいくつかあります。

  • 限度額がいっぱい
  • 返済の滞納をしている
  • 他の消費者金融等から借入をしている

などです。

 

消費者金融に融資を申し込む時に、総量規制により自身の借入限度額が決められます。
それは年収の3分の一ですが、途中で増資も可能です。
その条件として、順調な返済がある、収入が増えた証明などですが、きちんと申し込みをして手続きをしなくてはなりません。
ですから、一定の限度額を1円でも超えると、借入はできなくなってしまいます。

 

滞納と遅滞に関しては、言うまでもなく、消費者金融機関としても融資をストップします。
その後融資再開に向けては、金融機関との話し合いが必要になりますが、滞納をしている状態ではブラック扱いになっていることが多いです。

 

他の消費者金融からの借入により、総量規制限度額に達していることも考えられます。
多重債務自体は悪いことではありませんが、返済を何度かしなければ、借りられない状態は続くことになります。

 

このように、返済や借入に関して、信用情報機関で危険信号などがでている方には、消費者金融としてはお金を貸すことができないと判断されることになります。
滞納以外のことでしたら、返済をすることで解決します。

 

 

▲メニューに戻る

大手がダメなら中小へ ゆるい審査で通るかどうか?

消費者金融や銀行カードローンの返済は、信用情報に大きな関係があります。
消費者金融機関などの金融会社は、審査の際に、その方のパーソナルデータだけではなく、過去の借入と返済状況を加味して貸付を行います。
ですから、その借入も返済も不適切な場合は、融資を断ることになります。
いわゆる審査落ちです。

 

大手消費者金融のどこかで審査落ちになると、他のところでも同様の扱いになります。
協定ではないのですが、消費者金融側としては、だいたい似たような審査内容で、融資を決定していると思われます。

 

キャッシング業者は大手だけではなく、中小消費者金融もあり、審査がゆるいところも少なくありません。
大手消費者金融の審査落ちの方がよく利用している業者ですと、もしかしたら審査に通ることもあります。

 

いわゆるブラックOKの正規業者ですが、ブラックと行っても様々なパターンがあります。
審査がゆるいとされる業者で審査が通るのは、“過去に”滞納をしていた、債務整理をしていた方の場合であり、現在進行系の滞納については、やはりお金は借りられないと思ったほうが良いかもしれません。
多重債務者には多少は甘いですが、それも現在の借入金額と年収に関係から、難しい判断になります。

 

 

▲メニューに戻る

ブラックOKってどういうこと?

中小消費者金融の場合、ブラックでも審査が通って融資を受けられたと言う口コミも少なくありません。
数は少ないですが、インターネットなどでも評判の消費者金融があります。
大手消費者金融のように派手な宣伝はしていないですが、利用者の口コミなどでは、最後の砦として、知る人ぞ知る魔貴重な存在です。
消費者金融側としても、ブラックでも相談をしてくださいとありますから、気軽に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

 

このような業者がなぜ審査がゆるいのいか?というと、信用情報機関の個人情報の見方が違うからです。
このような業者がブラックと呼ぶのは、債務整理をした上で完済をしてあまり日にちが経っていない方が対象です。

 

一般に債務整理後は10年くらいは消費者金融などの融資を受けられないと言われています。
中小消費者金融では、その10年をもっと短い期間で融資をしてくれるのです。
その際に、審査そのものはゆるいですが、内容としては、一定収入はもちろんですが、現在の経済状態などを詳しく調べ上げます。
信用情報はブラックだとしても、これからの返済が絶対にできるかどうかを見極めるのです。

 

ですから、手続きなども大手消費者金融よりも面倒ですし、金額も抑えられた上、金利は高めです。
今まで大手消費者金融でしか借りたことがない方にとっては、返済額の多さに困惑してしまうのですが、本来ブラックの身でありながら、借りることができない状況を考えると、当然の措置だと言えるでしょう。

 

 

▲メニューに戻る

闇金には絶対に近寄らないこと

正規の消費者金融会社は、国に登録をした上でキャッシング業者として運営しています。
ですから、法律に則った経営を行う事はもちろん、もし利用者が債務整理を行うことになったとしても、やはり法律の中で対応することは義務となっています。

 

融資がどこからも受けられない状態に陥る方のほとんどが、債務整理の必要がある方だと言われています。
滞納遅滞は当然ですが、到底返済ができない元金と利息の額にアップアップしていることでしょう。
そこで、弁護士に相談をしたり、自分で消費者金融で債務整理と言う運びになることに。

 

この時にその消費者金融が、闇金と言われる正規業者ではない場合は、債務整理は不可能です。
運営が法律と無関係で暴利だけを貪っている消費者金融会社ですから、返せないと言う選択は絶対に許されないことです。
多重債務者などで、正規消費者金融のどこからも融資をしてもらえない方の中には、こうした闇金でお金を借りる方もいますが、もうその時点で身の破滅を招いて入ることになります。

 

そこで、絶対に注意してほしいのが、闇金とブラックOKの正規消費者金融を混同しないことです。
闇金では、どんな方にもお金を貸してくれます。
しかし、返済額はとんでもない金額になっています。
目前にあるお金のために、人生を棒に振ってしまうこともあるのです。

 

ですから、ブラックOKの正規消費者金融を見つけるには、口コミや国に登録をしている業者なのかを確認してから申し込みをするようにしてください。
正規のところであれば、融資OK後の手続きはとても多く、うるさくいろいろと聞いてくるのが特徴です。

 

 

▲メニューに戻る

お金が借りられないこの現実から逃げないで

消費者金融でお金を借りられない事になった場合は、騒がずどうして借りられないかを考えてみてください。
そして、今借りようとしている融資は何なのかも同時に冷静に判断をしてみましょう。
もし、希望融資が他の消費者金融の返済に回すためのお金なら、債務整理です。

 

これは紛れもなく、自己破産への道のりを辿っているといえます。
自己破産は、債務整理の中でも最終手段と言われていて、今ではそう簡単にできないともいわれています。
できれば、債務整理も自己破産ではなく、任意整理や特定調停などの方法で、返済を義務とする内容にした方が時間もかからないのです。
しかし、無収入だったり、生活ができないとなると自己破産しかない場合もあります。

 

多重債務者の中には、こうした借金を繰り返している方も少なくありませんが、それが将来収入が増える見込みがあるつなぎ融資的であれば良いのですが、そうではなく目前の返済だけを目的としているのなら、もうやめましょう。

 

しばらくはブラックとして融資を受けられない状態になりますが、そんなことを憂うのではなく、現在お金を借りられない事態を重く受け止めることが大切なのです。
消費者金融などの金融会社から融資を受けることができないというのは、信用がないと言う重大なことなのです。

 

▲メニューに戻る