お金が借りれない場合

お金が借りれない場合

お金が借りれない場合の関連記事
  1. それぞれの金融業者の審査落ちの原因
  2. 中小消費者金融の審査基準について
  3. 中小消費者金融の審査に注目 ブラックでも借りれるらしい
  4. 審査の存在 中小消費者金融は甘いと言うけれど
  5. 中小消費者金融のまとめローン 最後の手段?

 

それぞれの金融業者の審査落ちの原因

消費者金融の審査に落ちた、カードローンの審査に通らない。
審査の内容の公表はないですから、どうしてなのかは自分で探るしかないです。
考えられる、改善ができるのであれば、なんとかキャッシングの方法を見つけることに努力をしてみましょう。

 

銀行カードローン審査に落ちた

最初の申込みが銀行のキャッシング審査の場合、大手消費者金融に申込みをしてみてください。
審査が厳しい銀行カードローンと比較して、大手消費者金融は借りやすいです。
もし、まだ大手消費者金融のキャッシングをしていないのなら、審査に通る可能性は大きいです。

 

大手消費者金融の審査に落ちた

大手消費者金融の審査では、カードローンは即日融資とあります。
ときには数日かかることもありますが、審査は早いはずです。
ここで考えられる審査落ちは、多重債務者と総量規制の問題です。
すでにカードローン審査を受け、現在キャッシングをしている。
それだけで多重債務の要因になり、借入総額が大きいと、返済負担率から借りれない場合があります。
まだ、そんなに借入はしていないけれど、借入件数が多い場合、大手消費者金融では3件目の申込みでも審査が通らないとされています。

 

中小消費者金融の審査に落ちた

大手消費者金融よりはるかに審査が甘い中小消費者金融。
大手消費者金融審査落ちにおすすめの中小消費者金融ですが、ここの審査の落ちた場合は、返済トラブルになっています。
多重債務の件数が多い、延滞がある、ブラックとしても、これ以上の返済能力がなしと判断をされた場合です。
総量規制以上の借入の申込みなどでも審査落ちになります。

 

大手消費者金融からの中小消費者金融の申込みは、まだキャッシングができるのですが、中小消費者金融審査落ちの場合は、金融業者として正規金融業者のところでの借入は無理です。
極甘審査の金融業者も存在していて、一応申込みはできますが、自身で返済ができるかどうかを確認してみてください。
銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融と行くと金利が高くなっていき、多重債務者では利息だけでも相当な数字です。
その上、まだ借りたいというのなら、返済ができるという保証がない限り、借入は難しいでしょう。

 

中小消費者金融審査落ち後の行動

ズバリ債務整理です。
返済トラブルの解消は法律に則った債務整理の実行しかないです。
しばらくカードが持てない状態になりますが、借金ができないよりも、返済額が大幅に減額できる債務整理で、暫らくキャッシングとは無縁の生活をおすすめします。
多分月々の返済額が小さくなることでキャッシングの必要性はなくなると思われるのですが。

 

▲メニューに戻る

 

中小消費者金融の審査基準について

それぞれの金融業者では、審査基準が決まっています。
審査に通るということは、その内容にあっていることですが、中小消費者金融では、ブラック対応とかブラックでも借りられるという内容の審査基準になっています。

 

カードローン審査に落ちたら

中小消費者金融の多くはカードローンでのキャッシングではありません。
申込者の総量規制範囲内で、申込みのある金額を振込み、振込で返済をする方法でお金を借りられる金融会社です。
ですから、機械化が進んでいないばかりではなく、人の手で申込者の審査をじっくりと行うのが特徴です。
大手消費者金融では、コンピュータスコアリングシステムの内容重視ですが、中小消費者金融では、ブラックだと判断された上で、もう一段階突っ込んで審査を行います。
それが柔軟審査、独自審査と言われる審査基準です。
銀行カードローン、大手消費者金融カードローンで借りられない方でも、中小消費者金融でのキャッシングができるのはそうした理由があるからです。

 

返済トラブルがある

個人信用情報機関上の返済トラブルとして、延滞、滞納などです。
これは、現在進行形であれば、中小消費者金融でのキャッシング審査は落ちます。
しかし、それで過去のものであれば、そして長期延滞でない場合は、審査が通ることがあります。
ある方は、大手消費者金融のキャッシングの最中に入院をしてしまい、返済ができなかったことが数ヶ月続きました。
退院後、完済はしたのですが、個人信用情報的には延滞記録です。
そのような場合、銀行カードローン、大手消費者金融はしばらくはブラックリスト扱いではお金を借りることができません。
しかし、中小消費者金融では、その延滞原因を説明して、監査記録を元にした審査で、借入ができることがあります。
ここで大切なのは、お金がなくて返済できないのではなく、返済行為そのものが不可能だった不可抗力だったからです。
中小消費者金融では、こうした説明ができる事から、その方のこれからの返済能力を高く評価することで、大手消費者金融にはない柔軟審査が期待できます。
もちろん、それが故意の返済トラブルだったとしても、今後きちんと返済をしていくことで、信用度は上がります。

 

ブラックでも諦めない

中小消費者金融の審査の基本としては、総量規制範囲内であること、返済ができる人にはキャッシングの機会を与えるということです。
ですから、申込みの時点で、延滞がなく、収入証明書が出る、きちんと完済ができると証明することで借りることができます。
銀行などでは考えられないことですが、ブラックでの中小消費者金融の利用者はとても多くなっていると言います。
そこでの完済ができることで助かったと言う口コミはとても多いです。

 

▲メニューに戻る

 

中小消費者金融の審査に注目 ブラックでも借りれるらしい

世の中のキャッシング事情としては、カードローンが一番身近です。
金融会社としても安心感がありますし、CMを行っている大手消費者金融はみな銀行系消費者金融として、盤石な会社ばかりです。
審査については、触れることなく、いかにもすぐに借りられそうですが、実は申込後には審査が待っています。

 

金融業者に言い分

審査基準は、公表はないものの、消費者金融は総量規制に縛られています。
年収の3分の一以上の借入ができないのです。
銀行カードローンでは、それ以上の借入ができますが、こちらはそう簡単な審査ではないのです。
これは返済ができないことのりリスク回避の一つの方法です。
法律の縛りとして、それぞれの年収に合わせた限度額の設定により、誰でも簡単にキャッシング審査が通るわけではないのです。
そして、大手消費者金融では、スピーディーな審査によって、すぐに審査落ちを知らせてきます。

 

個人信用情報機関の役目

大手消費者金融での審査が早いのは、個人信用情報機関の確認をコンピュータで行うからです。
申込み内容によって、すぐに総量規制が算出され、多重債務者なども記録確認ができます。
その時に、審査基準以上の多重債務であればNG、先月延滞しているNG、借入総額が総量規制以上になってしまうNGというようにすぐに結果が出てしまうのです。
大手消費者金融審査落ち後は審査の甘い中小消費者金融に行けば良いとされています。
ここでも個人信用情報機関の確認をします。
その時に、大手のNG項目である多重債務の部分で、再審査になります。

 

中小消費者金融の多重債務

中小消費者金融では、大手消費者金融より借入件数が多い多重債務も審査通過ができます。
カードローン審査ではNGだけど、中小消費者金融では総量規制範囲内であれば、小口融資に対応ができます。
借金の額が少ないほど審査に通りやすいのですが、収入があり、返済能力があると判断されることがポイントです。
審査キャッシングの上で、年収がそこそこ高い、会社の安定している、もちろん在籍確認もできることが条件です。
また、大手消費者金融や銀行カードローン審査では絶対にNGの債務整理者の審査もします。
5年未満の債務整理でも返済能力があれば、融資対象になるというのです。

 

中小消費者金融の審査の限界

とはいっても、総量規制範囲内でも今の収入では返済ができない。
長期の延滞記録がある。
専業主婦の申込みで、配偶者貸付制度を利用したいけれど、配偶者がブラックというような場合は、借入ができないです。
審査が甘いというだけで、一定の審査基準が存在していて、誰でも借りられると言う環境ではないのです。
大手消費者金融よりは借りられる方は多いのですが、審査の限界も当然存在しています。
中小消費者金融の審査落ちの方は、その先の金融業者を探そうとしますが、闇金しかないのが現状です。
闇金は審査も内容な誰でも貸付をするのですが、利息の保証がないため、法外な返済額の請求が待っています。
ですから、中小消費者金融審査に落ちたとしたら、キャッシングは諦めて、債務整理をすることです。
それしかないのです。

 

▲メニューに戻る

 

審査の存在 中小消費者金融は甘いと言うけれど

ローン審査では、自動車ローンや住宅ローンなどもあります。
この場合、保証会社が行うもので、銀行などはタッチしないといいます。
銀行カードローン審査も同様で、実際には大手消費者金融などが保証会社となって審査をすることになります。
消費者金融に関しては、自社での審査になります。
ただ、CMを行うネームバリューのある大手消費者金融では、審査内容はだいたい同じで、1社の審査落ちの場合、他社の大手消費者金融会社でも借りられないでしょう。
銀行の保証会社になっているときの消費者金融としても、審査内容は厳しいモノになると言います。

 

審査キャッシングの現実

審査を受けるときには、国内に数社ある個人信用情報機関を利用して情報確認をします。
国内の金融業者が加盟している団体で、他社借入状況、返済状況をすぐに確認をすることができます。
これが審査です。
融資をしようというときには、必ず個人信用情報機関を確認した上出、判断をします。
金融事故は、記録の上で異動情報とされていて、その内容が記載しています。
多重債務、延滞者、債務整理者などの返済トラブルがあり、その内容からそれぞれの金融業者の審査基準に照らして、キャッシングの可否が決まります。

 

申込みのときに他社借入件数などを入力します。
その時に、入力事項と個人信用情報機関の内容が違うだけでも審査落ちになるといいます。
虚偽申告です。
また、50万円以上のキャッシング審査では収入証明書が必要ですが、その時に年収の項目と収入証明書の内容が違っていても審査落ちということに。
これも虚偽申告であり、金融業者としては、個人信用情報機関の情報が絶対的な意味を持つのです。

 

中小消費者金融会社の審査

最近、甘い審査、柔軟審査の中小消費者金融に注目が集まっています。
大手消費者金融と同じ貸金業法で営業している金融業者ですが、大手消費者金融とは違う審査内容で、キャッシング審査をしています。
ブラックでも借りられるとの口コミから、利用者が多いのですが、ここでも個人信用情報機関の内容は確認をしています。
異動情報がある方でも、年収がきちんと収入証明書などで保証され、なおかつ虚偽申告もなく、電話での詳しい審査の結果、総量規制範囲内のキャッシングができます。
最初は小口融資になることが多いのですが、審査落ち経験者にとっては救いの手です。
返済ができるとの確認が必要ですが、金利は大手より高めです。
しかし、利息制限法20%を超えることはなく、無理のない返済計画でのキャッシングができることがあります。
ここで、我が社は中小消費者金融であり、ブラック対応です。
金利は30%で、極甘審査とあれば、そこは正規金融業者ではなく、闇金です。

 

▲メニューに戻る

 

中小消費者金融のまとめローン 最後の手段?

大手消費者金融で借りられない、中小消費者金融に行ったけれど審査落ち。
そうなったら、債務整理しかないです。

 

総量規制は消費者金融の要

中小消費者金融では4社程度の多重債務は許容範囲としています。
しかし、総量規制に関しては、大手消費者金融同様に鉄板です。
多重債務の借入件数が少なくとも、大口融資をしていて、総量規制以上の申込みには対応していないのです。
銀行カードローンの借入額は、総量規制に入りません。
ここでも大口融資をして、中小消費者金融に申込みをしたとしても、個人信用情報機関の確認で、すでに借入がわかってしまうため、審査落ちになります。

 

新規キャッシングは審査落ちだけど

中小消費者金融の審査落ちの先は債務整理しかないのですが、1つだけ逃げ道があります。
それが、まとめローンです。
カードローン審査よりも厳しいとされるまとめローンですが、中小消費者金融の場合は、多少の柔軟審査が期待できます。
すでに多重債務者での中小消費者金融の申込みで、新規での融資ではなく、まとめローンの申込みに切り替えます。
審査としては、収入証明書を確認。
総量規制対象外であり、多額の借入が期待できますが、返済期間も長く、フリーローンよりも金利が低いのがメリットです。
返済トラブルでブラックだとしても柔軟審査の中小消費者金融のまとめローンなら契約ができるかもしれません。
それで、債務整理ではなく、中小消費者金融で多重債務解消のまとめローン1つの返済になることができる、審査が通ればの話しです。

 

返済トラブルがあっては不利

このまとめローンですが、中小消費者金融としても返済トラブルがたくさんあったり、内容が延滞などの場合は、まとめローンはできません。
ある程度の収入確保、返済能力の高さなども要求されることがあります。
それでも、今まで一度も延滞はしていない、どうにか債務整理を回避したいなどの話しをしてみてください。

 

まとめローンより債務整理

一方では、まとめローンは返済期間が長くなるので、返済が大変。
金融会社によっては金利が高い。
実は闇金で、まとめローン詐欺もあるなどの指摘もあります。
確かに、多額のまとめローンで返済が長いと総返済額は大きくなります。
またも金利も中小消費者金融では、まとめローンでも高いのですが、債務整理との天秤にかけたときに、どうしても債務整理はしたくないという方におすすめの方法です。
月々の返済が少なくなるだけでも良い、新規キャッシングができないけれど、完済をしたいという方には、中小消費者金融のまとめローンはおすすめです。

 

▲メニューに戻る


お金が借りれない場合記事一覧

お金が借りれない場合はどうしたらいい?

どうしてもお金が必要なときにお金が借りれない人はかなり厳しい状態です。実際にはお金を借りる手立てはあるのですが、まずは手順を追って説明しましょう。お金が借りれない状況というのはどういったものでしょうか。銀行などの金融機関のカードローンの審査に通らない場合が考えられますが、お金が借りれないというのは銀...

≫続きを読む

多重債務になったらどうしたらいいの?

多重債務者となると銀行や大手消費者金融会社などからお金を借りることはできないでしょう。もっとも滞納などの履歴がなければいくらでも消費者金融会社からお金を借りることができるとされています。もっとも滞納をすると返済に困っているのではということで、途端に審査が厳しくなるので滞納には気をつけるようにしましょ...

≫続きを読む

消費者金融会社のカードローンには総量規制があるけど

お金を借りるうえで悩ましいのが総量規制の問題です。消費者金融会社からの借りすぎを未然に防ぐためにできた規制ですが、これは銀行からの借入れは対象外となっているのです。ですから銀行からお金をたくさん借りることができたら問題ないのですが、銀行カードローンは審査が厳しいのです。ですから属性が低い人は銀行カー...

≫続きを読む

お金が借りれない場合の行き着く先は?

お金が借りれない場合、すでに借金の返済に窮していることが多いでしょう。行き着く先としては債務整理や自己破産ということになります。この場合は自分から返済できないからということで手を上げる方法と、返済せずに消費者金融会社などから裁判所に調停依頼があって債権回収会社からの通知を受けるまで待つという二つの方...

≫続きを読む

お金が借りれないでもなんとかするには

お金を借りることができなくて、返済ができないということになると、債務整理しかないということでもありません。多重債務であればここだけはなんとかして返済して、お金が足りなくて返済できないという消費者金融会社のカードローンについてはその消費者金融会社の担当者に連絡して、返済できないからと相談してみるのです...

≫続きを読む