申込者 審査落ち 原因 作ってしまう 入力ミス ご注意

申込者が審査落ちの原因を作ってしまう 入力ミスにご注意を

本当にあった怖い話し。
キャッシングでは、審査落ちやブラックリストなどが嫌なことです。
自分が悪いこともありますが、金融機関側と金融業者にしてみれば、貸し倒れは絶対に回避したいことです。要するに、会社を守るための審査でもあるのです。

 

 

怖い話しとは?

人間は思い込みをすることがあります。例えば、キャッシングの申し込みですが、間違って入力をしてしまって、それに気が付かないで審査落ちを続ける方がいます。生年月日などは間違えないですが、会社名とか住所などで、ずっと間違って入力をしてしまう。

 

それが、なんと虚偽申請として受け取られることになります。
思い込みの間違いが、怪しいとされるだけです。それが審査落ちの原因です。

 

困ったことに

この情報であちこちの大手消費者金融や銀行カードローンに申し込みをしてしまい、どうして審査落ちなんだと続けてしまうことです。ここでは2つの罪を犯してします。

 

1つが、入力間違えですが、もう1つがあちこち続けて申し込みをしてしまうことです。
キャッシングやクレジットカードの申し込みでは、全て個人信用情報機関の記録されてしまいます。
ですから、間違った情報で、信用情報で確認され続けてしまうということになり、これだけでブラックリストになります。

 

 

1社目で間違っていなければ審査も通ったのに

それが惜しい部分です。
自分の信用情報では今はキャッシングができるときだと言うのに、たまたま間違った入力だけが原因で審査落ち。そこで気が付かず、申し込みブラックにまでなってしまうという羽目に。

 

これは金融機関側の審査が厳しいのではなく、申込者の単なるミステイクです。
実は、この手の審査落ちがとても多いのです。

 

どんな間違えがNG?

年収、年齢、住所などです。
身分証明書を提出しますから、同じではないとNGです。
年収で危険なのが、過去の個人信用情報機関の年収も確認をします。
そこで、仕事が変わっていないのに極端な収入の増え方などは怪しまれます。
それも単なる間違えなら、致命的です。故意にやったというのではあれば、確信犯扱いです。
いやいや、間違えただけですと言うのは通用しないです。

 

あまりいないと思うでしょう?

ところが、入力ミスが原因で審査落ちでブラックリストになる方は多いです。
絶対に損をしていることなのですが、キャッシング申し込みの入力ミスは絶対しないようにしてください。
そして、見栄はり、虚偽は厳禁です。必ず間違えないことと、すべてを正直に入力してください。

関連ページ

金融ブラックの中小消費者金融があるけれど
審査に通らない人にとっての、ブラック対応とされる中小消費者金融があります。返済能力次第では、審査によって借りれることがあるのです。闇金ではなく、正規金融業者です。完済が出来る僅かなキャッシングにすることをおすすめします。
審査に通らないときに考えること
キャッシング審査に通らない時には、中小消費者金融が良いでしょう。ブラックリストにも積極的に融資をしているところが多いのです。返済能力さえあれば自己破産者でも問題ないのです。金利は利息制限法いっぱいの20%が多いですが、独自審査の甘さには代えがたいです。
来店キャッシングの審査の甘さ 人間の審査が良い?
審査は金融業者によって違い、返済能力を信用情報で大きく判断することが多いのですが、地域限定での来店によって、多少審査が甘くなることがあるのです。インターネットで申し込み可能で、地域に絞っている場合は良いかもしれません。必ず口コミで大丈夫な金融業者に行きましょう。
審査に通らないのなら闇金と債務整理
中小消費者金融の審査が通らないのなら、現状でのキャッシングは考えないことです。個人信用情報で、無理をして借りると金融事故を増やすだけです。 よって、考えるべきは債務整理となります。個人間融資、闇金を頼るのはやめましょう。債務整理で個人信用情報を軽くするのです。