最終的 債務整理 だけど ちょっと 聞いて

最終的には債務整理だけど、ちょっと聞いて

大手消費者金融で借入ができないときには、中小消費者金融や中堅消費者金融会社での審査を受けてみる事はおすすめです。審査基準が甘いので、借りれる方もいます。
ただし、闇金融の場合がありますから、必ず情報を入手してから申込をしてください。

 

 

中小消費者金融と闇金融

誤解されている方が多いのですが、中小消費者金融は正規金融業者です。
ネームバリューがないのですが、老舗の消費者金融会社も多いです。

 

ヤミ金は、違法に貸金をしているところで、法律を無視した内容です。
もし、低金利の金貸しだったら良いという問題ではなく、いつの世もお金の貸し借りは、きちんと法律なり決まりがないとトラブルの原因になります。

 

中小消費者金融では、大手消費者金融より高い金利です。
しかし、いわゆるブラックリストも審査対象にしている金融業者です。
インターネットの情報で、正規金融業者であれば、大手消費者金融でキャッシングができない方でも借りれることはあります。

 

誰かに借りたいけれど借りれる?

親なり知人なりに借りられたら良いでしょう。
もっとも親の場合は、貸し借り以前に援助の形で依頼ができたら良いのですが、親子関係が良好ではない、金貸しは無理な場合も多いです。知人に関しては、人間関係が壊れる恐れがありますが、それでも信用があれば、借りれる場合も模索できます。

 

来月までの1万円なら良いのですが、10万円借りたい、100万円借りたいということは難しいことです。
今欲しい金額が多額の場合は、人に頼ることはできないと見て良いでしょう。

 

 

中小消費者金融で断られた

大手消費者金融も中小消費者金融も、親も知人もNG。現在、キャッシングができる環境としては最悪です。ヤミ金に行くことは絶対にしないことであり、現在多重債務であれば、即債務整理の手続きをしてください。

 

手続きの最中は、返済義務がなくなります。
毎月返済が多い場合、単純にそのお金がすべて浮くことになります。
債務整理の決定までの数ヶ月のお金ができることで、キャッシングの必要もないので、それはそれでこれ以上借りなくても良いことになります。もっとも借入ができないのですが、親にも知人にも迷惑がかからないことになります。

 

債務整理のメリット

借金が減額される事を目的として行うのですが、申込から手続きまでの返済ゼロの事実を知らない方は多いです。自己破産などは1年程度かかってしまうのですが、その間の返済がゼロです。
弁護士に依頼したとしても、十分報酬も支払うことができるでしょう。

 

債務整理には、こんなメリットがあることを知らない方が多いようです。
どこからも誰からも借りれない場合、ぜひ検討してみてください。

関連ページ

大手消費者金融の審査に通らない理由
総量規制の問題、借入件数等が多いとすぐに審査落ちになります。金融会社では収入がある20歳以上を申込対象としています。返済ができる範囲内であれば、審査の上キャッシングができます。現金がとにかく必要な場合には、審査が甘い中小消費者金融で借入ができる方も多いです。
個人信用情報の内容で審査落ち 改善方法は?
申込で、収入も年齢も引っかかっていないのなら、個人信用情報機関の内容です。原因としては、多重債務、延滞、債務整理等があるとされています。原因をすぐに取り除きができるものであれば、即借入ができる場合もあります。返済を続けることや、時間の経過でしか解決出来ないものもあります。
中小消費者金融で借りれるのか?NGなら…
ブラックリストでも借りれる中小消費者金融ですが、ここで借りれない人は主に、収入がない、延滞している、総量規制以上の借入、4件以上の多重債務者です。最終的に中小消費者金融で断られた場合には、金融会社で借入できるところはありません。まとめローンもNGでしょう。
債務整理しかないでしょう
大手消費者金融、銀行カードローンなどで返済ができない、これ以上の借入ができない方は、債務整理が妥当なのです。闇金融や個人間融資も同様に無謀な手段となります。債務整理を弁護士等に依頼して、行った上でリスタートをしましょう。