中小消費者金融 借りれるのか NG

中小消費者金融で借りれるのか?NGなら…

大手消費者金融で借りられない場合、中小消費者金融の借り方としていろいろな方法があります。
どこからも借りれないという場合、まず中小消費者金融、中堅消費者金融会社に注目してみましょう。

 

 

そもそも中小消費者金融とは?

簡単に言うと、ブラックリストでも借りれる金融業者です。
大手消費者金融、銀行カードローンで借りられない方でも審査次第で借りれる消費者金融です。
良い例が、自己破産後1年程度で、数十万円のキャッシングができる口コミはとても多いです。

 

また、総量規制範囲内であれば、4件程度の多重債務者も多いです。
ですから、もし大手消費者金融カードローンの審査に通らないとしても、中小消費者金融に行ってみる方は多いのです。ブラック対応とか、ブラックOKの金融業者として考えて良いでしょう。

 

審査はある

大手消費者金融と同じ個人信用情報機関の確認します。
そこで、調べたいことはブラックであることが申込告知と同じであること。
その上で、返済ができる希望額であることです。

 

総量規制に余裕があることを条件に、中小消費者金融の審査は進みます。
ですから、審査には時間がかかり、ブラックリストでも申込をしてみないと結果は分からないです。
借金が多くても、返済ができる人に貸すといった中小消費者金融のスタンスですが、最低限の審査基準はクリアしなければならないです。

 

 

中小消費者金融でも借入ができない人

収入がない、延滞している、総量規制以上の借入、4件以上の多重債務者です。
これらの個人信用情報があれば、中小消費者金融では借入ができないです。

 

ただし、4件程度の多重債務で、収入が高ければ、まとめローンの提案があります。
総量規制対象外の借入ができます。
多重債務をすべて中小消費者金融の1つのローンにすることで、キャッシングができます。
返済期間を長くして、毎月の返済負担も小さくすることができます。
この対応ができるのは、収入が高い方限定の話しであり、中小消費者金融のまとめローンは金利が高めなので、結果的には総返済額は大きくなります。

 

まとめローンもNG

最終的に中小消費者金融で断られた場合は、金融会社で借入ができるところはないです。
ヤミ金に行くことで数万円のキャッシングをしよう、個人間融資の利用等も聞かれるのですが、こちらは金融業者と考えていないです。自分から、苦しい事態に身を投じるだけで、ムダな行為です。
そして、この中小消費者金融の借入ができないときに知人等に借入するのはおすすめしないです。

 

大手消費者金融等で借入ができない方が、良好な人間関係で金銭トラブルになるのは厳禁です。
親ならまだしても、それでも良い環境ではないでしょう。
今はこんな感じでどうしましょう?と弁護士等に相談されることをおすすめします。

関連ページ

大手消費者金融の審査に通らない理由
総量規制の問題、借入件数等が多いとすぐに審査落ちになります。金融会社では収入がある20歳以上を申込対象としています。返済ができる範囲内であれば、審査の上キャッシングができます。現金がとにかく必要な場合には、審査が甘い中小消費者金融で借入ができる方も多いです。
最終的には債務整理だけど、ちょっと聞いて
大手消費者金融で借入ができないときには、中小消費者金融や中堅消費者金融会社での審査を受けてみる事はおすすめです。しかし、中小でも断られた場合には、現在多重債務であれば債務整理の手続をしましょう。借金減額が目的ですが、申込みから手続きまでの返済がゼロです。
個人信用情報の内容で審査落ち 改善方法は?
申込で、収入も年齢も引っかかっていないのなら、個人信用情報機関の内容です。原因としては、多重債務、延滞、債務整理等があるとされています。原因をすぐに取り除きができるものであれば、即借入ができる場合もあります。返済を続けることや、時間の経過でしか解決出来ないものもあります。
債務整理しかないでしょう
大手消費者金融、銀行カードローンなどで返済ができない、これ以上の借入ができない方は、債務整理が妥当なのです。闇金融や個人間融資も同様に無謀な手段となります。債務整理を弁護士等に依頼して、行った上でリスタートをしましょう。