お金貸して 心理

お金貸して 心理

世の中には人からお金を借りる人の神経がわからないと思っている人もいる事だと思います。

 

平気に知人や友人からお金を借りたあげく返済もろくにしなかったり又はずっと音信不通になったり
お金を貸した側への恩もまるで忘れたような借り手に対して

 

お金を返してほしいだけじゃなく返済を待っていた時間も返してほしいと思ってしまう事なのではないでしょうか。

 

何でも困ったらお金を借りようとする人の心理がわからないという人は何故に親から借りようとしないのか?
何故に自分でもっと働いて頑張らないのか?
人からそもそもお金を借りる意味がわからないといった意見などが結構ネットで目についたりしました。

 

お金を借りる側の心理を察知するに親に相談しても注意されたり
叱られてしまうとか金融からお金を借りたら利子がつく為に毎月の返済が少し厳しくなりそうなどなどが大体の心理なんだと思います。

 

要は手っ取り早くお金を借りたい人が一番身近な友人からお金を借りたいって思うのものなのかもしれませんね。

 

金融ブラックだったり母子家庭などとわけありで普通にお金が借りれない人もいるような場合
尚更身近な人に頼むしかないっていうものだったりもするでしょう。

 

でもだからってそんな人にお金を貸してしまうと貸した本人はいつまでも"お金を貸してくれる人"と記憶されてしまい
今後も何かと利用されてしまう可能性があるので気をつけたいものです。

 

お金を借りたい人にとっては貴方が最後の頼みの綱となっている可能性がとても高いですからね。

 

更にエスカレートしてくると電話が頻繁にかかってきたり生活費が足りないからと毎日せがまれたり
貸した側の負担は日に日に大きくなってくる事だと思われます。

 

お金を一度でも貸した事がある人にはしつこくてもお金を貸してくれるまで諦めないか
最悪の場合事件沙汰にもなる事だってあります。

 

お金を借りたい人の心理としてはとにかく必死なので下手に対応すると大変な事になるかもしれません。

関連ページ

お金貸して逃げられた
どんなに信頼している人であってもお金を容易く貸す事はあまりオススメ出来なかったりします。その時は相手側も腰が低い感じでお金を借りたい一心だと思うのですが
お金を貸して 音信不通
お金の貸し借りの際にお互い借用書は交わさずに身分証として健康保険証のコピーのみもらっていたそうです。しかし失踪後に記載された住所宛に訪問してみても既に引っ越しされていたみたいでした。
お金貸して 理由
お金を借りたい人の心情又は理由を考えますと消費者金融や銀行から何か問題があってお金が借りられなかったり専業主婦だったりすればキャッシングが断られる事が多かったりして急な出費に対応出来ない
お金貸してくれる所
返済もろくに出来ないような人がお金を今もなお借りる事が多い現状だから何とも困った世の中だと思います。 そしてお金を借りてもヤミ金なら返さなくていいとか利用して被害に遭えば訴える始末。