お金を貸して 音信不通

お金を貸して 音信不通

お金の貸し借りで一番困るのが借り手の失踪です。

 

金額が小さい額ならまだ諦めはききますが少し大きい額のお金を貸していた場合なんとかして回収をしたくなるというものでしょう。

 

実際にネットの相談に知人に七万円程お金を貸したはいいが
約束の期日までに返済してもらえなかったあげく音信不通になったという事例がありました。

 

お金の貸し借りの際にお互い借用書は交わさずに身分証として健康保険証のコピーのみもらっていたそうです。

 

しかし失踪後に記載された住所宛に訪問してみても既に引っ越しされていたみたいでした。

 

つまり保険証のコピーを貰ってもあまり役に立たなかったりする事を証明してました。

 

相手が失踪したとなると事態は本当に厄介だったりすると思いますが
これに対しての助言は消費者センターなどへの相談が一番かと思われたのですが実の所あまり有力でもないようでした。

 

裁判所での解決を試みてみるも
簡易裁判所又は家庭裁判所で書類を書けば訴えられるともありましたが面倒で手続きはとらなかったようです。

 

結果的にどうなったかと言いますと貸した七万円を諦めたとの事です。

 

ちなみに今も失踪した友人とは音信不通のままなんだそうでした。

 

日頃からお金を貸す事を軽んじているとこのような事態に案外誰でもなってしまう可能性があるでしょう。

 

お金を貸した相手が音信不通になるとほとんどの場合
諦めるしか方法がないので
出来るだけいざの時も考えてお金を貸す側は大きい金額は貸さない方が利口なんだと思われます。

 

でなければ大金を貸して失踪されてしまった日には
開いた口も塞がらないでしょうし、回収も見込ずに泣き寝入りするしか無いという事になってしまいますからね。

関連ページ

お金貸して逃げられた
どんなに信頼している人であってもお金を容易く貸す事はあまりオススメ出来なかったりします。その時は相手側も腰が低い感じでお金を借りたい一心だと思うのですが
お金貸して 心理
世の中には人からお金を借りる人の神経がわからないと思っている人もいる事だと思います。平気に知人や友人からお金を借りたあげく返済もろくにしなかったり又はずっと音信不通になったり お金を貸した側への恩もまるで忘れたような借り手に対して
お金貸して 理由
お金を借りたい人の心情又は理由を考えますと消費者金融や銀行から何か問題があってお金が借りられなかったり専業主婦だったりすればキャッシングが断られる事が多かったりして急な出費に対応出来ない
お金貸してくれる所
返済もろくに出来ないような人がお金を今もなお借りる事が多い現状だから何とも困った世の中だと思います。 そしてお金を借りてもヤミ金なら返さなくていいとか利用して被害に遭えば訴える始末。