お金貸してくれる所

お金貸してくれる所

返済もろくに出来ないような人がお金を今もなお借りる事が多い現状だから何とも困った世の中だと思います。

 

そしてお金を借りてもヤミ金なら返さなくていいとか利用して被害に遭えば訴える始末。

 

そもそも借りた本人が一番いけないと思ってしまいます。

 

それでも人はお金に困ればお金を貸してくれる所を必死で探し求めてしまいます。

 

個人でも企業でもそれは同じ事なのかもしれません。

 

会社でも事業資金などのつなぎ融資が受けられなくなれば
資金調達方法を考えないといけませんし又借りた先がヤミ金だったりする場合も勿論ありますよね。

 

お金を貸してくれる所を探している人が健全にお金を借りたケースってあまり多く見た試しがありません。

 

だからお金を貸してくれるところを金融機関以外で探している人には今までの歴史を見て学べと言いたいですね。

 

更に個人的に言いたい事があるとすれば
公的金融機関以外からお金を借りたらろくな目に遇わないという事。

 

便利なネット掲示板にしろブラック対応の業者にしろ一歩間違えればそのどれもが利用しなければよかったという事になるのでしょう。

 

例え生活費が無かろうと資金不足であっても借りた後の方が大変な事になるかもしれないならはじめから一切利用しないのが本当に一番なんです。

 

そもそも借金してまでお金を借りても後々苦しくなれば返済も出来なくなって結局自己破産など選択するというオチになるんだと思うんです。

 

下手にお金を貸してくれる所を見つけるよりお金を借りて失敗する前にお金を借りなくても乗り越えられる方法を優先して考えましょう。

 

いざという時は法テラスや法律事務所など相談窓口があるので頑張れるとこまで頑張ってみてほしいと思います。

 

お金を借りる事が当たり前にならないように借りなくても生きていけるように願わくば成っていきたいですよね。

関連ページ

お金貸して逃げられた
どんなに信頼している人であってもお金を容易く貸す事はあまりオススメ出来なかったりします。その時は相手側も腰が低い感じでお金を借りたい一心だと思うのですが
お金貸して 心理
世の中には人からお金を借りる人の神経がわからないと思っている人もいる事だと思います。平気に知人や友人からお金を借りたあげく返済もろくにしなかったり又はずっと音信不通になったり お金を貸した側への恩もまるで忘れたような借り手に対して
お金を貸して 音信不通
お金の貸し借りの際にお互い借用書は交わさずに身分証として健康保険証のコピーのみもらっていたそうです。しかし失踪後に記載された住所宛に訪問してみても既に引っ越しされていたみたいでした。
お金貸して 理由
お金を借りたい人の心情又は理由を考えますと消費者金融や銀行から何か問題があってお金が借りられなかったり専業主婦だったりすればキャッシングが断られる事が多かったりして急な出費に対応出来ない